【UMIDIGIF1 Play】2ヶ月使ってみての感想は動作が早い!

山岡家

どうもこんにちは、@sshiokawaです。

19年3月にでたUMIDIGIのF1 Playを2ヶ月ほど使ったので、感想を書いてみました。

そういえばUMIDIGIのF1 Playを買ってから、2ヶ月近く経過したから感想。
○やはり動作が早い
○大容量の64GBなので、アプリとか入る
○電池が持つ
イマイチな点は…
○微妙に重いかも
○UMIDIGIって名前はまだマイナー?
○カワイイケースが欲しい人はやめたほうがいいかも
結論から言うと20,000円ほどなのに、コスパよくて最高だった。

確かに細かい改善点はあるけど、F1 Play買うか買わないかで迷ってるなら買ってみるのがオススメ。

今回伝える伝えることは2つほど
  • F1 Playの良い点
  • F1 Playの悪いというかイマイチな点
過去のF1 Playの記事ではカメラの話はやったんで、カメラ以外の話をやります。もしF1 Playを買うか?迷う際に判断材料になると嬉しい。
 

UMIDIGIのF1 Playの良い点は動作が早い

F1 play のレターみたいなもの

UMIDIGIのF1 Playのスペックに関しては、Amazonから引っ張ってきました。

モデル:UMIDIGI F1 Play

OS: Android 9.0
SoC:MediaTek Helio P60
言語:多言語
サービスプロバイタ:SIMフリー
SIMカードスロット:Nano SIM二枚またはNano SIM + Micro SD同時に使用可能
メモリ:6GB
保存容量:64GB
Micro SD:256GB
CPU:Helio P60オクタコア、2.0GHz
重量:193g

ディスプレイ:6.3型/ノッチあり/画面対ボディ比92.7%

画面解像度:2340×1080/FHD+
アスベスト比:19.5:9

デュアルアウトカメラ:4800万画素+800万画素

F値1.7 Samsung GM1 レンズ
1/2.8 “光学フォーマット
デュアルLEDフラッシュ
デュアルインカメラ:1600万画素

F値2.0レンズ
顔認証
ビデオ録画:1080p、720p、30fps

ネットワーク:Bluetooth 4.2、IEEE802.11 a/b/g/n

5G Wi-Fi信号/ Wi-Fi Direct / Wi-Fiディスプレイをサポート

対応バンド:
2G:GSM B2 / B3 / B5 / B8
3G:WCDMA B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
CDMA BC0 / BC1
TD-SCDMA B34 / B39
4G:FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12/B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28A / B28B
TDD-LTE B34/ B38 / B39 / B40 / B41

ドコモ回線:LTE/3Gフル対応
ソフトバンク回線:LTE/3Gフル対応
ワイモバイル回線:LTE/3Gフル対応

バッテリー:5150mAh
タイプ:5/7 / 9V-2A、総出力18W、超高速充電

コンテンツ:
・スマートフォンx1

・USB Type-Cケーブルx1

・SIMピンx1

・TPU保護ケースx1

・保護フィルムx1

・充電器x1

・取扱説明書x1

 
数字だけみると、他の機種の4万や5万とも見劣りはしないはず…「実際はどうなん?」っていう話をやります。

動作が早くて助かる

大体端末の動作って、CPUとメモリが大切。
  • CPU:Mediatek Helio P60
  • メモリ:6GB
すみません、スマホのCPUに関しては詳しくないからわかりません。

でも実際に様々な動画やアプリ動かしてる際に、ボタン押す度にすぐ画面が切り替わるので、早い。

私がEvernoteを起動する際に、前機種は10秒でして、F1 Playは0秒台でした。

少なくてもあなたが使ってるのがすごいモッサリ機種でイライラしてるなら、検討の価値はありです。

64GBなので、大体のデータが入る

そもそも2万円や3万円台のシムフリー端末で、容量が64GBってあまりきいたことがないはず。

F1 Playを実際に買ってみたら本当に64GBでしたね。だからSpotifyの音楽はじゃんじゃん放り込めます。

もちろん拡張でMicroSDカードも256GBまでオケなので、問題はなし。

使ってみて2ヶ月経過したけど、MicroSDカードの不具合はない

私が持ってた前機種はいつもSDカードのデータが勝手に消えてた…知恵袋や量販店やメーカーにきいてもわからずしまい。

SDカードが使えなくなってたということは、音楽がスマホに放り込めない。

それだけでスポーツジムに行くモチベが下がりましたね。

でもF1 Playを買って2ヶ月立ちましたが、MicroSDカードの不具合はありません。

F1 Playを買うと保護フィルムやケースは付属してます

基本的にシムフリーの端末を買うと、スマホケースや保護フィルムってオマケでは付属しません。

でもUMIDIGIのF1 Playの場合はオマケとしてついてきます。

  • スマホケースはTPU保護ケースといって、ハードカバーに近い感じ?
  • 保護フィルムは画面派守ってくれるけど、滑りがイマイチ
というのが素直な感想。

電池が持つというだけでもとがとれた

朝7時から20時過ぎまで外出してて、充電らしいことは全くしてませんでした。

もちろん休憩やカフェで動画見てたりしましたが、家に帰宅する時は、75%ぐらいでした。

だから日帰りで外出する際は予備モバイルバッテリーはもつ必要はなくなりました。

モバイルバッテリーって、微妙に重いのですね。1kgあるやつで… 

とはいえど泊まりで出かける外出やいつ家に帰るか?わからないなら、充電ケーブルやモバイルバッテリーは持参したほうがよいですよ。
 

UMIDIGIのF1 Playのイマイチな点は端末の重量が微妙に重いかも

↑は買いたての端末。

まだF1 Playを買って2ヶ月ほどなので、正直まずい点とかわかってません。現時点では「こりゃイマイチだった…」という話をやります。

寝ながらスマホは重くてキツイかも

F1 Playの重量は193g
横になりながら、スマホでKindle読むには微妙にしんどくて、床に落としてしまう事がありました。

個人的にはイスに座りながらKindleや動画を見るのは問題ありませんが、寝ながら動画とかみると、ウトウトしだすと自分の顔にスマホが落ちてきて、怪我するので注意。

あなたはUMIDIGI知ってましたか?

F1 Playを買った2ヶ月たった今でも、UMIDIGIというメーカーは知りません。私がわかってるのは、これだけ
  • 中国のメーカー
  • 深センにあるらしい
  • Android
というだけでした。中国って、スマホには力入れてるみたい。

中国はすぐ起業しやすいので、スタートアップ企業がスマホをだしやすいのでしょうか。

カワイイケースとかほしい方や好きな人は買わない方がいいかも

ハッキリとある特定の方は、買わない方がいいと言うことができます。
  • カワイイケースつけたい人
そもそもUMIDIGIの端末って、家電量販店とかでは販売自体きいたことがありません。

もしUMIDIGIの関係者で、「ある家電量販店なら販売してますよー」というのがありましたら、教えてください。

UMIDIGIのケースはAmazonで買うしかないのですが、あまりケースの種類が少なかった。

リラックマやスヌーピー云々より、ケースの種類自体が少ないんで、もしケースにこだわる方はやめたほうがいいかも

 
今回は以上です。
個人的には多少端末の物理的な重さが重い(193グラムだけど)以外は言うことはない端末でした。

もし2年近くたって、UMIDIGIがまだ続いてるなら、新機種を買うこともあるかもしれません。

UMIDIGIのF1 Play買うか迷う際に、参考になったらありがたいです。