【まだ早い】Go toキャンペーンはまだ延期すべき

どうもこんにちは、@sshiokawaです。
 
たまには私個人的な意見を書こうかと思います。

今回取り上げるのはGo toキャンペーンについて。
 
Go toキャンペーンとは、冷え込んだ観光業界のための景気刺激策。
 
普段なら嬉しいのですが、まだ延期すべきだなーってお話。
 

Go toキャンペーンはまだ早い。理由はまた流行になりかねない

Go toキャンペーンは2月から6月にかけて、冷え込んだ観光業界に白羽の矢を立てた政策。
 
旅行者視点なら以下ですね。
  • クーポン券ゲット
  • 旅行代金をいくらか安くなる
旅館や交通関係なら以下ですね。
  • お客さんがくるわけだから、仕事ができる
普段なら早くやれ!と言いたいが、7/15時点ですとまだ勘弁してほしいのが本音。
 
なぜなら都内で感染者増えてて、最悪新型コロナウイルスを地元に持ち込む恐れ強いから。

新型コロナウイルスの怖さがあるうちは旅行したくもできない

7/14の東京都内は143人。緊急事態宣言解除後の都内は、夜の街関連でした。
 
夜の街の方々が、PCR検査に協力してくれるからですね。
 
ただ徐々に感染経路不明や、新型コロナウイルス陽性後に(1名だけど)トンズラして連絡取れない方もいるようです。
 
新型コロナウイルスって無症状ですむ方もいれば、肺炎状態で危篤レベルなることもありえる。
 
無症状の方が年寄りの近くや内臓疾患ある方と濃厚接触したら、とても危険。
 
Go toキャンペーンやったら、いろんな方々が移動しまくることでしょう。
 
となると首都圏だけでなく、全国的に再び流行の恐れありで、Go toキャンペーンは延期したほうがいいです。

業界的にはしんどいけど、クラスターでたら、ダメージでかい

国交大臣曰く「夏休み中にGo toキャンペーンやらないと持たない。
 
観光業界の要望でた」7/14の産経新聞朝刊紙面に掲載されてました。
 
たしかに経済回さないと、逆の面の怖さも理解できます。
 
とはいえど例えばホテルやバス内でクラスター出てしまったとしたら、多分立て直しは大変でしょう。
 
私の通ってるジムが、感染対策本気でして、マスクしながらやるのはシンドイ…。

もうワクチンできるまではGo toキャンペーンは延期のがいいかも

「ならばいつからGo toキャンペーンやればいいん?」に関しては、もうワクチンできるまでとしか言えないです。
 
ワクチンは早くて、来年の夏以降でしょう。
 
それまで業界が生きてるのか?不明だし、難しいけど、ワクチンできるまで待つしかないのが本音としか言えないです。

ブロガーとしていうなら、Go toしたほうがいいけど…

「ブログ主は全国的に自粛モードしてもらったほうが儲かるから?」って言われそう。
 
私の主なジャンルは基本的に旅行ネタが主なパーセンテージしめてまして、収益的には芳しくないです。
 
だからブロガーとして言う。
「Go toキャンペーンやりまくって、経済回そうぜ!」のがブロガーとしては、収益的には良いです。
 
ただ今は新型コロナウイルスでして、まわりに感染する恐ろしい病気。
 
ぶっちゃけ私自体は重篤しないでしょう。ただまわりの人たちは巻き込みたくない。
 
Go toキャンペーンするな!でなくて、もう少し待ったほうがいいんじゃない?と形です。
 
今回は以上です。
 
正直私だってGo toキャンペーン使って、どこかへ行きたいです。
 
いろんなものをみたり、体験にして記事にしたい。
 
ただ首都圏で徐々に流行りつつある今は、とても危険。
 
日本政府は悪いことは言わないから、もうしばらくGo toキャンペーンは延期すべきです。